地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

米の品種・ブランドの都道府県別一覧


(前ページからの続きです)


徳島徳島県

 徳島県では、「コシヒカリ」が多く栽培されている。
 また、農林水産省北陸農業試験場で育成された「キヌヒカリ」の作付も約3割を占めている。
徳島県の米の品種別作付面積

徳島県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


香川香川県

 香川県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
 なお、香川県が独自に育成した「おいでまい」が、2013年にデビューしており、香川県ではPRを行っている。
香川県の米の品種別作付面積

香川県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


おいでまい

育成機関 香川県
交配品種 あわみのり、ほほえみ
品種出願 2011年06月17日
品種登録 2014年09月30日
備考


愛媛愛媛県

 愛媛県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」や「コシヒカリ」、「あきたこまち」がそれぞれ約30%と、この3つの品種を中心に栽培が行われている。
愛媛県の米の品種別作付面積

愛媛県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


高知高知県

 高知県では、「コシヒカリ」が多く栽培されている。
 また、「ヒノヒカリ」も多いが、「ヒノヒカリ」に代わる品種として九州沖縄農業研究センターが育成した「にこまる」の作付も行われている。
高知県の米の品種別作付面積

高知県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


福岡福岡県

 福岡県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」や「夢つくし」の2つが約40%の作付となっており、この2種が作付の中心となっている。
 また、福岡県で育成した「元気つくし」も10%以上の作付面積を誇っている。
福岡県の米の品種別作付面積

福岡県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


元気つくし

育成機関 福岡県農業総合試験場
交配品種 つくしろまん(ちくし46号)、つくし早生
品種出願 2008年12月22日
品種登録 2011年03月22日
備考 福岡県農業総合試験場研究報告29「高温登熟性に優れる水稲新品種「元気つくし」の育成およびその特性
http://www.meshimaru.com/genkitukusi/

JA全農ふくれん「めし丸元気つくし


佐賀佐賀県

 佐賀県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されているが、佐賀で育成された「夢しずく」「さがびより」の栽培も多い。
 特に、「さがびより」は2009年に本格的に栽培が始まった品種であるが、現在、佐賀では2割強の作付面積を誇っている。
佐賀県の米の品種別作付面積

佐賀県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


夢しずく

育成機関 佐賀県農業試験研究センター
交配品種 キヌヒカリ、ひとめぼれ(東北143号)
品種出願 2000年07月03日
品種登録 2003年08月19日
備考
http://www.saganet.ne.jp/jasaga/nosan/yumeshizuku.html

JA佐賀「夢しずく


さがびより

育成機関 佐賀県農業試験研究センター
交配品種 天使の詩(佐賀27号)、あいちのかおりSBL(愛知100号)
品種出願 2008年10月27日
品種登録 2011年03月28日
備考


長崎長崎県

 長崎県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
 また、九州沖縄農業研究センターで育成された「にこまる」や「コシヒカリ」の栽培も1・2割の作付面積となっている。

 なお、「つや姫」といえば、山形県で育成された米であるが、「ながさきつや姫」として長崎でも栽培が行われている。

長崎県の米の品種別作付面積

長崎県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


ながさきつや姫

 2011年に長崎県の奨励品種となり、2012年より特別栽培米として、壱岐地区を中心に栽培が行われている。


熊本熊本県

 熊本県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
 また、熊本県で育成された「森のくまさん」も1割強の作付面積となっている。
熊本県の米の品種別作付面積

熊本県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


森のくまさん

育成機関 熊本県農業研究センター
交配品種 ヒノヒカリ、コシヒカリ
品種出願 1996年06月24日
品種登録 2000年06月27日
備考
http://kuma-kome.com/kumamoto/

くまもと売れる米づくり推進本部「「森のくまさん」のご紹介


大分大分県

 大分県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
大分県の米の品種別作付面積

大分県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


宮崎宮崎県

 宮崎県では、宮崎県総合農業試験場で育成した「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
 また、割合は小さいが「まいひかり」も宮崎県総合農業試験場で育成された品種である。
宮崎県の米の品種別作付面積

宮崎県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


ヒノヒカリ

 「ヒノヒカリ」は宮崎県総合農業試験場で育成された品種で、宮崎県のみならず、九州地方を中心に幅広い範囲で栽培が行われている。

育成機関 宮崎県総合農業試験場
交配品種 コシヒカリ(越南17号)、黄金晴(愛知40号)
品種出願 1989年03月28日
品種登録 1990年08月04日
備考 2005年08月05日に育成権は消滅


まいひかり

育成機関 宮崎県総合農業試験場
交配品種 南海132号、かりの舞(南海127号)
品種出願 2005年08月08日
品種登録 2008年03月13日
備考 出願時の名称は「あきほのか」


鹿児島鹿児島県

 鹿児島県では、宮崎県総合農業試験場で育成された「ヒノヒカリ」が多く栽培されている。
 また、鹿児島県で育成され、2009年にデビューした「あきほなみ」も1割弱ながら作付が行われている。
鹿児島県の米の品種別作付面積

鹿児島県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)


あきほなみ

育成機関 鹿児島県
交配品種 出願者所有の育成系統、越南179号
品種出願 2008年03月24日
品種登録 2010年10月13日
備考


沖縄沖縄県

 沖縄県では、「ひとめぼれ」が多く栽培されている。
 また、農林水産省東北農業試験場で育成された「ちゅらひかり」、つくばの農業研究センターで育成された「ミルキークイーン」などの栽培も行われている。
沖縄県の米の品種別作付面積

沖縄県の米の品種別作付面積(主食用米)(平成24年産)

1 2 3 4





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)