経営学

スポンサーリンク
経営学

ブルーオーシャン戦略・レッドオーシャン戦略

 経営戦略論の用語で、ブルーオーシャンとは競争のない未開拓な市場を意味し、レッドオーシャンとは競争の激しい市場を指す。  企業戦略として、レッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンを目指すべきであるとされる。
2015.08.12
経営学

イノベータ―理論

 イノベータ―理論とは、アメリカの社会学者ロジャースによって提唱された理論で、新商品・サービスがどのような顧客によって、浸透していくかというプロセスを述べたものである。  右図は、縦軸が採用者、横軸が時間を表したものである。 ...
2015.08.12
経営学

相関係数

 相関係数とは、2つの変数の類似度を表す指標である。  変数x、yがあるとき、次のような数式で表現され、相関係数は、-1から1の間の値をとる。    $latex \displaystyle \frac{\displaystyl...
2015.08.12
経営学

損益分岐点

 経営学の用語で、管理会計において、売上の目安となる指標である。  費用には、売上数量に比例してかかる変動費と、売上数量とは無関係にかかってしまう固定費がある。  このとき、気になるのが、どのくらいの売上数量があれば、固定費が回収で...
2015.08.12
経営学

イノベーションのジレンマ

 経営学者クリステンセンが提唱した経営理論である。  市場を確保している既存の巨大企業は、従来品の改良・イノベーションに力を注ぐ。その間に、技術レベルは劣るが新製品を投入した新興企業が出てきて、巨大企業はその地位を奪われてしまうという現象...
2015.08.12
経営学

AIDMA

 AIDMA(アイドマ)とは、経営学・マーケティングの理論で、消費者の購買プロセスを説明するモデルである。  この理論においては、消費者は、次のような段階・プロセスを経て、商品を購入するとされる。  なお、AIDMAという言葉は、そ...
2015.08.12
経営学

費用対効果

概要  費用対効果とは、ある費用をかけたとき、どれだけ効果があるかということをみる指標である。  「B by C」(ビーバイシー)とも呼ばれ、次式のような形で定義でされる。    費用対効果 = 便益(Benefit)÷費用(Co...
2015.08.12
経営学

税効果会計

 税効果会計とは、企業会計と税務会計の相違を修正する会計手法である。  税務上、費用(損金)として認められるものは限られる。例えば、減価償却費などは、法定耐用年数が決まっており、それ以上の減価償却は認めらえていない。  そこで、企業会計...
2015.08.12
経営学

経営指標

 経営分析にあたって、経営指標・財務指標が用いられる。  一般的には、安全性・収益性・効率性(・生産性)といった観点で見られることが多い。 区分指標名計算式備考 収益性売上高総利益率売上高総利益÷売上高×100(%) 収益性...
2015.08.12
経営学

アサエルの購買行動分類

 アサエルの購買行動分類とは、消費者の購買行動を4つのパターンで分類したものである。  分類に当たっては、「製品関与・購買関与」と「ブランド間知覚差異」という2軸を用いている。  「製品関与・購買関与」とは、その製品について関心やこ...
2015.08.12
スポンサーリンク