地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

いつのまにか、なくなった、ご当地検定。

概要  思えば、5年ほど前、ご当地検定というものが、ブームになった。  地域の歴史や情報を問題とした検定であり、2003年の「博多っ子検定」がその最初と言われるが、2000年代後半には、全国各地で行われるようになった。 […]


商品と観光地のリンケージ、重要なポイントだ。

 観光地にいけば、必ずおみやげが売っている。また、地域をアピールした商品も多い。  しかし実際に、商品と観光地がうまくリンクし、相乗効果を上げている例は少ないだろう。  そのような中、玉造温泉の温泉水を利用した化粧水が売 […]


ストリートビューによる観光案内。意外にも魅力的だ。

 京都市が、グーグルのストリートビューの技術を使い、観光地の360度パノラマビューを閲覧できるサービスを開始した。  市の職員によると、旅行の際の計画に役立ててほしいとのことである。 外部リンク京都新聞 2013/06/ […]


HP改ざん! もっと改ざんされたほうがいいのかも…。

 能登空港利用促進協議会が運営するホームページが昨年7月に続き、改ざんされたようだ。 外部リンク2013/6/6 北國新聞「能登観光HP改ざん 昨年に続き被害」  単なる地方の観光PRのHP。  重要な機密情報があるわけ […]


和歌山県の梅収穫体験。地道だけど、良い取り組みだ。

 和歌山県上富田町では、都市と農村の交流事業として、生協店舗関係者や消費者を招いて、収穫体験を行っているという。 外部リンク「産地の苦労分かった」 市場関係者が梅収穫体験  内容としては、単なる収穫体験たいしたことはない […]


いいじゃないか、パワースポット

 パワースポットが人気だ。伊勢神宮や出雲大社などはもとより、全国にある様々なパワースポットで多くの人が訪れている。  このような状況を受け、パワースポットを売りにした観光PRも行われ始めている。  例えば、出雲観光協会で […]


いろんなツーリズムはあるけど、まだネタはある! ツーリズム

 観光の要素といえば、食・風景(名勝)である。あとは、体験という要素も加わるだろうか?  これに、新たな要素を加えたのが、様々なツーリズムだ。 コンテンツ―リズム 健康ツーリズム 産業ツーリズム など  いずれも、従来の […]


一時期言われた産業観光だけど、今一度産業観光について考える

産業観光について  産業観光という言葉がある。  東海旅客鉄道株式会社 相談役の須田氏が提唱した概念で、私の記憶によれば、2000年代中頃に広まったように思う。  産業観光の定義について、須田氏によれば次の通りだ。 「「 […]


地域おこしのジレンマ

概要  地域おこしの歴史を考えると、観光系の地域おこしは2000年代に入って、大きく変わってきたようだ。  観光系の地域おこしの基本は、祭りや踊りなどのイベントである。また、音楽祭や映画祭などの形でイベントが行われること […]


広がりを見せる市民マラソンだけど…。

マラソン・ジョギング人気  近年、マラソン・ジョギングが行う人が増えいているが、2012年にジョギング・ランニング人口が1千万人を超えたという。 2012年12月27日 産経ニュース 「ジョギング・ランニング人口、1千万 […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)