地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

JRと地方経済の衰退

国鉄民営化  今さら言うまでもないが、かつて、JR各社は民間企業ではなく、かつて国により運営されていた(国鉄)。  中曽根内閣による行革の中で、1987年に国鉄は民営化され、現在に至っている。  国鉄民営化は、多くの場合 […]


成功事例・先進事例の別の効果

 どこの自治体でも、施策などの成功事例や先進事例を生み出したいと思っている。  住民に対しては、しっかりと行政運営をしているということを示したいし、他の自治体からは素晴らしいところだと思われたいからだ。また、企業支援など […]


買い物支援の冊子配布

 群馬県の下仁田町商工会で、買い物難民のお年寄りなどに対して、事業者を紹介する冊子の配布を行っている。  冊子の特徴として、宅配・送迎・訪問などのサービスの有無を記載しているところだそうだ。そして、お年寄りに好評を博して […]


どうなるか? アンテナショップの出店攻勢

 福井県が、東京世田谷の用賀商店街と出店契約を結んだ。  用賀商店街では、2012年11月に地域特産品のセレクトショップ「よーがや」を開店し、自治体に販売棚を貸し出すサービスを始めている。すでに全国7市町村と契約している […]


商店街の破産、一つのけじめなのだろう。

 尾道中央商店街組合が自己破産を行うという。  1993年にコミュニティー施設「絵のまち館」の建設費として約4億3380万円を借り入れたが、20年間で8910万円しか返済できず、10月に返済期限を迎えた。県は返済期限の延 […]


食・美・健康、商店街の可能性…。

 私は、「たぶんこのままでは商店街はなくなるだろう」で書いた通り、商店街というものは、なくなっていく運命にあるように感じている。  しかし最近、ふと思うのが、商店街の在り方自体が変わってきたのではないと感じている。  商 […]


商店街ではのんびりできるところがない。

 商店街の衰退が言われて久しいが、思えば、商店街は来街者のニーズをしっかりとらえていない場合が多い。  昔ながらの店舗を構えており、現在のニーズに合っていない場合も多いが、一つのポイントは、惣菜・中食であると思っている。 […]


徐々に広がる「まちゼミ」

 まちゼミというものがあるようだ。  地域の商店街店主などが講師となって、その専門知識を地域の人に講義するという少人数のゼミである。  調べると、平成14年に岡崎商工会議所が始めたのが最初のようだが、徐々に全国にも広がっ […]


100円商店街、ありきたりだが実用的だ。

 久留米市のほとめき通り商店街で、16日・17日に「ほとめき100円商店街」が開催される。  商店街の約80店が参加し、飲食・雑貨・マッサージなど、様々なサービスをワンコインで提供するというものだ。 外部リンク2013/ […]


街中は車を止めるところがない、いいことじゃないか!

 よく地域経済の疲弊を象徴するものとして、シャッター通り商店街のことが言われる。  ただふと思えば、シャッター通りがあるだけで、ましじゃないかと思う。それは、次のニュースを見たからだ。 外部リンク2013/08/08 山 […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)