地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

神奈川県の会計の見える化

 神奈川県では、3カ月ごとに、各部署や施設の収支を公開することをはじめるそうだ。  また、公共施設や道路などについては、現状と今後30年間の維持修繕コストを、県民利用施設については来館者数も公表するという。 外部リンク2 […]


他の地域でもやったほうがいいと思う、在来作物に関する講座

 山形大学の農学部で、在来作物に関する講座が始まった。 外部リンク2013/08/28 山形新聞「在来作物テーマに山大農学部講座始まる 「案内人」目指し研修」  在来作物の歴史や栽培技術などについて学ぶもので、平成22年 […]


地域おこしに成功例はあるのか?

地域おこしをしっかり考えてみる  地域おこし・地域活性化とよく言われるが、非常にあいまいな概念だ。  何となくイメージがあるが、しっかりとした定義もなく、一般的に使用されている。  ただこれでは、よくないと思っている。 […]


もっとやろう、自治体間のディスカッション

 愛媛県松山市で、愛媛県知事、岡山県総社市長、熊本市長、富山市長が集まり、「地方の未来を担う熱血トーク」というパネルディスカッションが行われた。 外部リンク2013/08/25 愛媛新聞「県外3市長迎え中村知事主宰「志高 […]


消費生活相談業務の広域連携、ここから見る市町村の役割

 青森県の八戸・下北・弘前の3圏域の市町村が、広域的な消費生活相談窓口を設置するため、体制整備を行っているそうだ。  消費生活相談窓口の設置は市町村の業務であるが、それでは1つの市町村では相談件数が少なく、費用対効果が悪 […]


ゆるキャラ、コンテンツからブランドへ

 ゆるキャラブームというのが収まりつつあるように思うが、このような段階を迎え、ゆるキャラの位置づけは新たな段階に入ったのだと思う。  現在のゆるキャラは、地域などを売り込むためのコンテンツとして機能してきたのだと思う。 […]


商店街ではのんびりできるところがない。

 商店街の衰退が言われて久しいが、思えば、商店街は来街者のニーズをしっかりとらえていない場合が多い。  昔ながらの店舗を構えており、現在のニーズに合っていない場合も多いが、一つのポイントは、惣菜・中食であると思っている。 […]


国土強靭化法を読んでみた…。なんだそういうことか。

概要  自民党により国土強靭化が進められているが、国会で国土強靭化法案が提出されている。  最初は昨年の国会に提出され、政権奪取の前なので廃案となった。  そして、先の国会で、昨年の法案を修正して国土強靭化法(正式名:防 […]


徐々に広がる「まちゼミ」

 まちゼミというものがあるようだ。  地域の商店街店主などが講師となって、その専門知識を地域の人に講義するという少人数のゼミである。  調べると、平成14年に岡崎商工会議所が始めたのが最初のようだが、徐々に全国にも広がっ […]


人形師のHP、今さらだけど、必要なポイントが見えてくる…。

 山形県の新庄まつりでの人形を制作している人形師が、HPを開設したそうだ。 外部リンク2013/08/18 山形新聞「新庄まつり人形師、HP開設 野川家4代の歩みを紹介」  HPづくりが容易になった現在、正直言うと、今さ […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)