地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

失われる大都市の創造性

創造性と町  ここ最近、徳島県の神山町が注目を浴びている。  注目を浴びているポイントは、人口が増えているという点と、過疎とは真逆なような、ある種の創造性(クリエイティブ)が結びついている点である。  事例としては非常に […]


ヤマダ電機による46店閉店と市場の失敗

ヤマダ電機による46店閉店  ヤマダ電機が、5月末までに46店もの店舗を閉店するそうだ。 2015.5.24 朝日新聞「ヤマダ電機、46店を閉店 拡大路線転換、都市部に注力」  これ自体、市場が縮小する中で、ある意味、仕 […]


都構想の否決と市民としてのアイデンティティ

政令指定都市の歪さ  住民投票の結果、大阪都構想は否決された。残念な結果である。  大阪都構想の目的としては、2重行政の打破などにあると思うが、より本質的な問題としては、政令指定都市という制度の歪さに原因がある。  政令 […]


単なる業界保護に過ぎない、酒税法改正案

酒税法の改正  議員立法で酒税法などの改正案が提出されるようだ。  この背景には、大手小売やディスカウントストアなどにより、不当に安く商品が販売されており、小さな酒店などの経営が厳しいことにあある。そこで、酒税法などを改 […]


どの都道府県がスポーツ好きか?

概要  先日、「Jリーグがあると、スポーツ観覧が増える?」で、スポーツについて書いたが、家計調査を見ていると、スポーツ支出が多い都道府県と少ない都道府県があることが分かる。  そうすると、どの都道府県民がスポーツ好きかど […]


都道府県の名称変更はできるのか?

現在の都道府県の名称  日本には47都道府県あるが、味気ない名称の都道府県も多い。(私の勝手な印象だが)「山」や「川」がついているところは、何となく平凡で、非常に味気なさを感じてしまう。本当かどうかは知らないが、幕末に明 […]


Jリーグがあると、スポーツ観覧が増える?

都道府県別のスポーツ観覧料  統計局の家計調査では、様々な品目について、都道府県(厳密には県庁所在市)ごとの支出額が分かる。有名なところでは、陥落したが宇都宮市は餃子消費量が日本一だというのは、このデータを元にしている。 […]


かつての「ふるさと創生事業」、そんなに悪くない。

ふるさと創生事業  かつてバブルの頃、「ふるさと創生事業」として、自由に使える1億円のお金が、国から各地方自治体に交付された。  ただ、キャバレーや金の像など、無駄なことに使われたとして、批判が多い事業でもあった。そして […]


よくよく考えたら、「ゆるキャラ」は無意味なものだった。

未だ話題になるゆるキャラ  正直、「ゆるキャラ」というものが、現在でも、活躍しており、話題になっているとは思っていなかった。  かつてほど、ブームではなくなったと思うが、「ふなっしー」は人気であり、「ねばーる君」といった […]


進む、道路灯の大量LED照明化

道路灯のLED化  LED照明は、言うまでもなく、従来の照明に比べ、価格は高いが、寿命は長く、電気量も少なくて済む。  この意味で、道路灯などはどんどんLED照明にしていけば、節電にもつながり、環境負荷が少ない。そして何 […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)