地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

プラットフォームという行政の重要な機能

 徳島県で、観光パスポート事業というものを始めたようだ。  クーポンやスタンプラリーといった機能がついており、宿泊施設や観光施設など280施設も参加するという。 外部リンク013/10/17 日本経済新聞「徳島県、観光パ […]


スポーツも資金繰りが重要だ、アビスパ危機

 サッカーJリーグのアビスパ福岡が経営危機だそうだ。  営業収入を約9億6千万円見込んでいたが、スポンサー収入の減少で約8億2千万円に留まり、このままでは11月には約5千万円の資金が不足することになるという。ただこれは今 […]


豪華寝台列車「ななつ星」に見る道州制

 JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」が人気となっている。  内装や料理などの豪華さでも話題だが、1人55万円と非常に高価にもかかわらず、予約待ちは2千人もいるという。  しかし、熊本県内でななつ星が唯一停車する阿蘇駅では […]


もっと「当たり前」をコンテストしたらどうかと思う。

 B級グルメなどの人気から、どこでも地域グルメなどのコンテストが行われている。  そこでは、地域の食材などを使った新しい商品やメニューなどが、コンテストに参加している。  これはこれで、私は否定はしない。各お店などが、い […]


「半沢直樹」のロケ地が人気? 改めてロケ地誘致の基本原則を感じる

 多分に漏れず、私もドラマ「半沢直樹」を見ていたが、そのロケ地に観光客が集まっているそうだ。 外部リンク2013/10/15 産経新聞「まだ「半沢直樹」波及効果で「ロケ地」人出どっと…「東六甲展望台」「新神戸駅」「明石海 […]


土地の集約を考えてもいいかもしれない。

 街を集約させようというコンパクトシティという考えがある。これは、街中に住民を集めて、公共サービスの効率化を図り、財政削減を行おうというものである。また、住民にとっても、あまり人のいない地域にいるよりは、公共・民間サービ […]


出身地と活動地の違いが、観光になる?

 早稲田大学高等学院中学部の学生が、修学旅行で、佐賀を訪れたそうだ。  早稲田と言えば、大隈重信であるが、その出身地は佐賀である。そのような関係から、今回の修学旅行になったのだろう。 外部リンク2013/10/14 佐賀 […]


致し方ない公共施設の削減

 千葉県の自治体で、公共施設の削減に向けた取り組みが始まっているという。  人口増加時代に作られた公共施設は、建て替えや大規模修繕が必要な時期になってきているが、今後の人口が減少する時代に向けて、このような動きになってい […]


徐々に変わりつつある核燃料税

 愛媛県で、核燃料税について、新しい条例が可決された。  新しい条例の大きなポイントは、価格割から出力割への変更である。 外部リンク2013/10/09 日本経済新聞「愛媛県議会、核燃料税で原発「出力割」可決」  核燃料 […]


ご当地体操が密かにブームだそうだ。

 和歌山県田辺市の「美人体操」、北海道網走市の「あばしり健康カニチョッ筋体操」、徳島県の「阿波踊り体操」など、ご当地体操がひそかなブームになっているようである。 外部リンク2013/10/08 産経新聞「「美人」「カニチ […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)