地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

各地で広がる客引き規制の強化

 従来から、迷惑防止条例などで、悪質な客引きについて規制を行っているところが多いが、最近、この規制が強化される動きがあり、全国的にも広がっているようだ。  日本で最初がどこなのかまでは分からないが、昨年、東京の新宿区や豊 […]


ありふれているけど、良いと思う。京都市の乗換アプリ

 京都市が開発した「バス・鉄道の達人」というアプリが人気のようだ。 2014年5月18日 京都新聞「「歩くまちアプリ」好調 京都市のバス・鉄道乗り換え検索」  何のことはない、よくある公共交通機関の乗換が検索できるアプリ […]


自治体職員による自主制作番組のネット配信の重要な効果

 徳島県の吉野川市で、若手職員が、美郷地区を紹介する自主制作の番組をネットで配信しているという。 2014年5月23日 徳島新聞「美郷の魅力をネット配信 吉野川市若手職員、番組を自主制作」  若手職員がワイワイやりながら […]


犬税から考える税と寄付

犬税導入は困難  犬税の導入を検討している泉佐野市で、検討委員会が開かれ、導入は困難という意見が大勢を占めたそうだ。 2014年05月23日 産経ニュース「犬税の導入「困難」 経費が税収上回る可能性 大阪・泉佐野市」   […]


注目だ、抽選による市民委員

 兵庫県の伊丹市で、まちづくり基本条例の見直しにあたり、市民会議のメンバーを、無作為で抽出した市民から選ぶそうだ。 2014年5月14日 神戸新聞「条例見直し会議 全委員を市民から無作為抽出 伊丹市」  通常、このような […]


ふるさと納税は、体験型で豪華さを!

 流行っていふるさと納税だが、食品だけではなく、体験型のお礼も増えてきているようだ。  例えば、福島県の大玉村ではゴルフプレー券、北海道の士幌町では熱気球体験、長野県の飯山市では人間ドックという具合だ。  ここには、自治 […]


どうしようもない、がんばる地域交付金

 地域活性化のための創設された「がんばる地域交付金」の配分が決まったようだ。 2014年5月15日 岩手日報「県内は26億1402万円配分 「がんばる地域交付金」」  しかし、この交付金は、どうしようもない交付金のようで […]


都道府県選出の国会議員がいなくなる?

 1票の格差是正のために、参議院で「選挙制度の改革に関する検討会」で選挙区割が検討されており、先月、その座長案が提示された。 参議院2014年4月25日 「参議院選挙制度の見直しについて(選挙制度協議会座長案)」  これ […]


命名権で名前を変えないのは良いことだけど…。

 鎌倉市が海水浴場の命名権の売却を行ったが、それを買い取った企業が、愛称を現状のままとすることを決めたようだ。 ニュース2014年5月16日 神奈川新聞 「海水浴場名は変えず 命名権で豊島屋「市民の親しみ」優先」  この […]


たいしたことはないが重要な会計事務の相談窓口創設

 鳥取県庁では、職員向けに、会計事務の相談窓口である「会計事務ヘルプデスク」というものを設けるそうだ。 ニュース2014年5月10日 日本海新聞 「会計事務に”助っ人” 県が職員向け「ヘルプデスク」」  はっきり言って、 […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)