地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

コンペなのに技術提案がない! 良いことではないか!

 福岡市で、工事の発注にあたり、総合評価方式による入札が行われたが、技術提案がなく、落札ということが起こった。そして、このことに対して、委員会で市議会議員から市は批判を受けたという。 参考2014/3/11 西日本新聞「 […]


今後、主流になるのでは? 提案型ネーミングライツ

 神奈川県で、「提案型ネーミングライツ」の募集を行うそうだ。 外部リンク2013/12/31 神奈川新聞「お気に入り施設に名前付けて 提案型ネーミングライツ導入/神奈川県」  提案型ネーミングライツとは、2008年に横浜 […]


地方交付税の削減が続く…。地方に厳しい安倍政権。

 来年度、地方交付税が減額されるようだ。  リーマンショックにより、2009年度から、1兆円の別枠加算が行われていたが、税収アップが見込まれるため、それが減額され、2年連続の地方交付税の削減となる。 外部リンク2013/ […]


賭け事と地方の関係

 競馬・競輪など様々な賭け事があるが、意外と地方との関係を有している。  当然、地方競馬があったり、競輪は自治体が運営している面もあるが、それだけではない。その収益金は、地方の事業に使われていたりする。 ①宝くじ  宝く […]


一石二鳥、歩道橋へのネーミングライツ

 仙台市で、12月16日から歩道橋へのネーミングライツを募集している。 外部リンク仙台市「歩道橋ネーミングライツパートナーを募集しています」  ネーミングライツが一般的になり、様々なものに対してネーミングライツが導入され […]


馬鹿げたことだ! 法人住民税の国税化

 来年度の税制改正大綱で、法人住民税の一部を国税化し、地方交付税の原資とする案が挙がっているという。  そしてそれに対して、交付税不交付団体の自治体の首長などが反発している。 外部リンク2013/12/13 中日新聞「知 […]


地方自治体の会計の在り方について

 かつて、国も含めて行政の会計について、単式簿記・現金主義が採用されており、複式簿記・発生主義に変更して、より企業会計のようにしていくべきだという話があった。  単式簿記というのは単に取引を積み上げていくというものであり […]


地方公共団体の給与減額発表、本当にアホらしい。

 総務省により、地方公共団体における給与減額措置の実施状況が公表された。  趣旨としては、約7割近くの自治体が、国家公務員の給与引き下げに伴い、多くの自治体で給与を引き下げたが、まだ引き下げに応じないところもあり、地方公 […]


徐々に変わりつつある核燃料税

 愛媛県で、核燃料税について、新しい条例が可決された。  新しい条例の大きなポイントは、価格割から出力割への変更である。 外部リンク2013/10/09 日本経済新聞「愛媛県議会、核燃料税で原発「出力割」可決」  核燃料 […]


鳥栖スタジアムの命名権再募集

 サッカーチーム・サガン鳥栖の本拠地「鳥栖スタジアム」の命名権について、再募集を行うそうだ。  8月までに年間契約料5,000万円以上で募集をしたが、応募がなく、契約料4,000万円以上などと条件を引き下げ、再募集を行う […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)