地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

地方創生で歪んでいく地方自治体の施策

地方創生で翻弄された1年  地方自治体にとって、昨年は、地方創生で翻弄された1年ではなかったかと思う。  いきなり、地方創生という形で、先行型の交付金が国から来て、予算を使えと言われ、プレミアム商品券などをとりあえず予算 […]


JRと地方経済の衰退

国鉄民営化  今さら言うまでもないが、かつて、JR各社は民間企業ではなく、かつて国により運営されていた(国鉄)。  中曽根内閣による行革の中で、1987年に国鉄は民営化され、現在に至っている。  国鉄民営化は、多くの場合 […]


既に到来している? 消費減少社会

GDP速報  先般、内閣府よりGDPの速報が発表され、4~6月期の実質GDPの成長率はマイナスだという。 2015.8.18 読売新聞「GDPマイナス 景気の停滞を長引かせるな」  要因としては、個人消費と輸出の停滞だと […]


太平洋戦争による地域への影響

終戦70年  終戦70年と言うこともあり、最近、ニュース・テレビ番組などで、太平洋戦争などに関するものが多く取り上げられている。安保法制について審議も行われていることから、一層、拍車がかかっているのかもしれない。  どう […]


人口が多い地域は、所得が高い?

人口と所得の関係  一般的に、人口が多い地域ほど、賃金や所得が高いと言われている。  要因としては、人口が集積することで、新たな付加価値の高いサービスを提供できたり、より多くの人が集まっているので設けやすいという面がある […]


よく考えたら、何の問題もない、プレミアム商品券・旅行券の転売問題

プレミアム商品券・旅行券の転売問題  プレミアム商品券やプレミアム旅行券が転売され、一部で問題になっている。そして、地方自治体でも、転売防止対策を考えながら、商品券や旅行券の発行を行っている。  確かに、これらのプレミア […]


地方にとって、経済のサービス化は悲劇である。

ペティ=クラークの法則  経済は、先進国になったり、経済が高度化すると、1次産業主体から2次産業主体に移り、更に3次産業が主体となると言われている。  中学校・高校でも習うような話であるが、経済学的に言えば、「ペティ=ク […]


失われる大都市の創造性

創造性と町  ここ最近、徳島県の神山町が注目を浴びている。  注目を浴びているポイントは、人口が増えているという点と、過疎とは真逆なような、ある種の創造性(クリエイティブ)が結びついている点である。  事例としては非常に […]


ヤマダ電機による46店閉店と市場の失敗

ヤマダ電機による46店閉店  ヤマダ電機が、5月末までに46店もの店舗を閉店するそうだ。 2015.5.24 朝日新聞「ヤマダ電機、46店を閉店 拡大路線転換、都市部に注力」  これ自体、市場が縮小する中で、ある意味、仕 […]


Jリーグがあると、スポーツ観覧が増える?

都道府県別のスポーツ観覧料  統計局の家計調査では、様々な品目について、都道府県(厳密には県庁所在市)ごとの支出額が分かる。有名なところでは、陥落したが宇都宮市は餃子消費量が日本一だというのは、このデータを元にしている。 […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)