地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

地方分権ではなく、財政分権を!

施策のポイントが変わってきている  よく、地方を考える場合、地方分権などといった話が出る。  私もかつては、地方分権が重要であると思っていた。  しかし最近は、(非才で申し訳なく、遅ればせながら)地方分権というものはどう […]


北海道を見れば、道州制がうまくいかないことが分かる。

 道州制論議について、知事会や町村会などの反対からストップしていたが、議論が再開しそうである。 ニュース2014年03月17日 産経ニュース 「道州制の議論再開了承 首相「地方の声聞いて」」  私は、「道州制はやめたほう […]


道州制基本法のポイントは何なのか?

概要  以前から気になっていたが、道州制基本法を改めて読んでみた。  道州制基本法とは、正式名は「道州制への移行のための改革基本法案」といい、現在、審議されている法律である。前の国会で提出され継続審議となり、今国会でも引 […]


国際戦略港湾を巡る2つの意見

 現在、国際戦略港湾について、運営会社の統合が進められている。  国際戦略港湾とは、「長距離の国際海上コンテナ運送に係る国際海上貨物輸送網の拠点となり、かつ、当該国際海上貨物輸送網と国内海上貨物輸送網とを結節する機能が高 […]


中京都ホールディングス創設、どうなるか見ものである。

 愛知県と名古屋市の間で進められている「中京独立戦略本部」で、「中京都ホールディングス」の創設が発表された。  中京都ホールディングスは、県・市の上部組織で、行財政改革・危機管理・観光といった分野を、このホールディングス […]


豪華寝台列車「ななつ星」に見る道州制

 JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」が人気となっている。  内装や料理などの豪華さでも話題だが、1人55万円と非常に高価にもかかわらず、予約待ちは2千人もいるという。  しかし、熊本県内でななつ星が唯一停車する阿蘇駅では […]


多選はいいのか、悪いのか?

多選のデメリット・メリット  茨城県の橋本知事が、9月8日の選挙で勝利し、6選を果たした。  6選と言えば、現在の日本の知事の中で、最長の多選知事である。次には、石川県の谷本知事が5期目であり、それ以外は3期目以下となっ […]


消費生活相談業務の広域連携、ここから見る市町村の役割

 青森県の八戸・下北・弘前の3圏域の市町村が、広域的な消費生活相談窓口を設置するため、体制整備を行っているそうだ。  消費生活相談窓口の設置は市町村の業務であるが、それでは1つの市町村では相談件数が少なく、費用対効果が悪 […]


最低賃金の方針が決まった。無駄なことだ。

 厚生労働省の中央最低賃金審議会の委員会で、最低賃金に関する方針が示された。 外部リンク2013/08/07 産経ニュース「最低賃金14円上げ 生活保護と逆転解消進む」  今後は、各都道府県にある地方最低賃金審議会の審議 […]


道州制を論議するならば、まずは北海道民の意見を聞くべきだ。

 私自身は道州制に反対だが、道州制を進める場合、国・地方ともに、障害がある。  国においては、「道州制法案提出の前にやることがある。」で述べたように、地方分権が進むかという問題もあるが、霞が関サイドからすると、省庁間のセ […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)