地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

都知事選から分かる選挙制度の不備

都知事選について  いろいろな候補が乱立し、都知事選が盛り上がっているようだ。  正直言えば、都知事選はローカルな話であり、全国ニュースで取り上げるのはどうかなどとも思ったりもしている。また、東京は首都だからという論理も […]


地方議会の自主解散

杉戸町議会の自主解散  埼玉県の杉戸町議会が自主解散を決めた。  理由は、埼玉県知事選に合わせて、同日に町議会選挙ができるようにするためである。 杉戸町「杉戸町議会 自主解散へ」  ここに至る過程については知らないので、 […]


浴衣議会? 眼鏡議会?

コスプレ議会?  最近知ったのだが、岐阜県の郡上市議会では、毎年「郡上おどり」「白鳥おどり」に合わせ、第3回定例会では、浴衣姿で本会議を行っている。また今年、鯖江市議会では、産地PRのために、6月定例会で、市議全員が眼鏡 […]


単純に真似をしてはいけない、地方自治体による朝型勤務

国家公務員に対する朝型勤務の導入  政府は、国家公務員の勤務時間について、7・8月の間、1・2時間前倒しするという朝型勤務(「ゆう活」)を進めている。 2015.6.27 読売新聞「国家公務員の朝型勤務「ゆう活」、徹底求 […]


都構想の否決と市民としてのアイデンティティ

政令指定都市の歪さ  住民投票の結果、大阪都構想は否決された。残念な結果である。  大阪都構想の目的としては、2重行政の打破などにあると思うが、より本質的な問題としては、政令指定都市という制度の歪さに原因がある。  政令 […]


都道府県の名称変更はできるのか?

現在の都道府県の名称  日本には47都道府県あるが、味気ない名称の都道府県も多い。(私の勝手な印象だが)「山」や「川」がついているところは、何となく平凡で、非常に味気なさを感じてしまう。本当かどうかは知らないが、幕末に明 […]


古くて新しい地方創生人材支援制度

地方創生人材支援制度  安倍政権は、地方創生を進めるに当たり、地方創生人材支援制度というものを設けている。  これは、単純に言えば、国家公務員などを地方自治体に出向・派遣するというものである。  そして、人材が不足する自 […]


少しずつ、広がっている「ご当地婚姻届」

ご当地婚姻届  鳥取市が婚活支援として、「因幡の白ウサギ」を描いた婚姻届を作成するそうだ。 2014.12.6 日本経済新聞「婚姻届に「因幡の白ウサギ」、鳥取市が婚活支援 」  ここ1・2年ぐらいで、このようなサービスを […]


安易に変えてはいけない、空港名

「鳥取砂丘コナン空港」が誕生  鳥取県では、観光客の誘客などを図るため、空港名を「鳥取空港」から「鳥取砂丘コナン空港」に改めた。 2014年11月13日 日本海新聞「「鳥取砂丘コナン空港」に決定 鳥取空港の愛称」  名前 […]


地方議員はレベルが低い?

地方議員はレベルが低い  東京都議のヤジ問題や兵庫県議の号泣会見など、地方議員による不祥事が話題になっている。  このように話題になると、他でもどうなのだろうという疑問が湧いてくるので、このような事案はこれからも出てくる […]





分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)