地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

たぶん移動しないけど、おもしろい。移動可能なバイオマス発電施設


 移動できるバイオマス発電施設が開発されたというニュースがあった。

外部リンク2013/4/6 日本経済新聞「移動可能なバイオマス発電施設開発 日大など、中小と連携

 バイオマス発電の課題と言えば、発電に使う木材などを集めてくるという運搬コストにある。食品残さや汚泥などは工場・施設でその場で発生するが、間伐材・牛糞など農林業系のものだと、それを発電施設まで持ってこなければならない。そのため、いらないものを発電にできる点は素晴らしいが、なかなか広がらない。
 しかし、このように発電施設が容易に移動できれば、この問題は解決できるかもしれない。

 勿論、この記事をよく見ると、設備は2分割して10トントラックで運べるという。これでは、10トントラックを用意して、荷卸し・荷揚げなどの作業などのことも考えると、面倒くさくて実際には移動はしないだろう。

 ただ、バイオマス発電ではどのように木材などを集めてくるかということばかりを考えてしまいがちだが、これは逆転の発想で、非常に面白いと思う。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)